第9回連合研究会

2015年11月19日 大宮ソニックシティ906号室

主 題:「埼玉県の地域包括ケア推進-動きだした多職種連携の実例と課題」
一般演題
①「多様な在宅療養における地域薬局の関わり」
サン&グリーン薬局だいたくぼ 管理薬剤師  向後祐希

②「在宅医療を支える訪問看護ステーションの役割」
埼玉看護協会 与野訪問看護ステーション  清水美智子

③「地域発信による地域包括ケア勉強会-さいたま市南部地区での試み」
明医研ハーモニークリニック 中井秀一 (浦和医師会)

④ショートコミュニケーション 「埼玉県北部における多職種連携の状況」
(医)康曜会プラーナクリニック 青木康弘 (深谷市・大里郡医師会)

特別講演
「埼玉県の地域包括ケア推進に必要なこと」
城西大学経営学部マネジメント総合学科 教授 伊関友伸

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です