第10回連合研究会

2016年11月18日 大宮ソニックシティ906号室
テーマ:「埼玉県の認知症に対するアプローチ」
一般演題
1.「川口市での行政と取り組む認知症対策」
公益社団法人埼玉看護協会 川口訪問看護ステーション 所長 三塩 操

2.「認知症を伴う訪問歯科診療の実際」 
埼玉県歯科医師会 地域保健部副部長 小宮山 和正 

3.「認知症の人とその家族に対する地域生活を営むための作業療法士としての役割」
埼玉県立大学 保健医療福祉学部作業療法学科 准教授 石岡 俊之  

特別講演
「地域医療連携に役立つ認知症の最新情報 ~ レビー小体型認知症を中心に ~」
埼玉医科大学神経内科 教授 高橋 一司

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です